Wordでつくる喪中ハガキ。安い印刷は何か?と探した結果。

昨年父が亡くなり、はじめて喪中はがきを出しました。

昨年の10月頃から準備を始めて、喪中はがきを業者に依頼するか、自分で作成するかを検討してきました。
最初は喪中はがきの知識がないため、業者に依頼しようとインターネットで探していたのですが、
調べていくうちに喪中はがきの知識がついてきて、
喪中はがきはそれほど難しくないことがわかり、結局自分でつくることにしました。

喪中はがき印刷が安いのはどこかも平行して調べてはいましたが、
より安いところを・・・とやっているうちに自作が最強だな、と気が付いたのです。

もともと年賀状もパソコンで自分で作っていた経験もありましたので。

あとは自宅にプリンターやインクもないとダメですね。
これはたまたまクリアしていました。

喪中はがきをつくるツールは、いつも年賀状作成で使用しているWordを選びました。
そして背景となる画像は、インターネットで無料で配布されている画像を利用しました。

Googleで「喪中」で検索すると、非常に多くの画像がヒットします。
その中から自分が好きな画像を選ぶのですが、
喪中はがきには赤色は使ってはいけないとの記事がったので、薄い青色の花の画像を選択しました。

そして喪中はがきの本文ですが、
これもインターネット上に非常にたくさん事例が掲載されています。
その中から、自分にあった言葉を選択し、先ほど選択した画像とあわせて、
Wordの文書に貼り付けました。これで喪中はがきは完成です。

更に私の場合は、背景を薄い絵にしたので、
本文の文字の色を黒から、少しだけ薄くなるようにグレーに変えました。

黒のまま印刷すると文字が浮いてしまうので、少し色を抑えたほうが、見栄えがよくなりました。
また本文に記載する続柄ですが、私の場合は「父」ですが、
子供から見れば「祖父」となるので、続柄の箇所だけを変更した2つのパターンを準備しました。

本文の内容や背景のイメージなど、自分の好きなようにカスタマイズできるし、
作成自体思ったより簡単だったので、自分で作成することを選んで成功でした。
なによりも費用面でお得でした。

結婚報告ではなく喪中はがきになりました

結婚して、初めて迎えたお正月でした。
結婚式を挙げたときから、来年の年賀状は、結婚報告にして、
式に参加していない人たちへの報告を兼ねて出そうと思っていました。

しかし、主人の身内に不幸があり、年賀状は出さずに喪中はがきを作成することになりました。
喪中はがきを作ったことはないので、どのように作成するか悩みました。

しかし、今や年賀状を作成するのと同じ要領でネットで簡単に作成できることを知りました。

ネットで、喪中はがきのテンプレートを引っ張ってきて、これまた例文をひっぱってきて、
少々自分たちの言葉に手直しをして、レイアウトを整え、完成です。

あまり華やかなものではないので、年賀状などと違い創意工夫の余地はありませんが、
それでもところどころ綺麗に見えるように手直しをして作り上げました。

友人たちが年賀状を用意してくれる時期より先に到着しなければならないので、結構超特急で作り上げました。
余裕をもって発送できたので、お正月には、寒中見舞いなどをいただきました。

みみい/女性/28歳

父が亡くなり、初めての喪中ハガキを筆ぐるめで作成

今まで毎年友達や親類から、喪中はがきをもらっていた立場でしたが、
ついに我が家からも喪中はがきを出す時が来ました。

実家の父が亡くなったのです。
しばらく病院にいて、もうすぐかと思っていた死だったことと、亡くなったのが夏だったこともあり

喪中はがきを作らなきゃいけないということは冷静に考えられました。

折も折、パソコンをXPからwindows8に買い替えた時で、
はがきの制作ソフトも新しいバージョンの「筆ぐるめ」で作ることができました。

うちのパソコンは初代から富士通さんにお世話になっていて、
こちらのパソコンには「筆ぐるめ」が標準装備されていて助かっています。

郵便局で喪中用の切手の印刷してあるはがきを用意して、
「筆ぐるめ」に入っている、喪中用の文章と背景を決めました。

サンプルは喪中用といえどかなりの数の例文があって、
これを一から考えて書かなければならないとしたらずいぶん困っただろうなとこのソフトを大変ありがたく思いました。

我が家は年賀状でもそうですが、
裏の体裁は印刷にしても表書きだけはたとえ下手でも自筆で書くのが信条なので
今回の喪中はがきもあて名は自筆で書きました。

親の死というものも初めてだったので、この喪中はがき作成は感慨深いものでした。

さざなみ/女性/56歳